ソフトテニス部ニュース

ソフトテニス部大会結果(新人戦全道)

大会:第48回北海道高校新人ソフトテニス選手権大会
日時:8月15日(土)~16日(日)
場所:苫小牧市緑が丘公園庭球場

 北海道高校新人ソフトテニス選手権大会に、ダブルスでは女子3ペア、男子1ペア。シングルスでは、女子1名、男子1名で参加してきました。各地区予選を勝ち抜いた強豪が苫小牧市に集まり、15日はダブルス中心のトーナメント、16日はシングルスを中心にトーナメント戦を行いました。

<男女結果>

 十勝予選を5位で通過した、佐藤(2年)・池田(2年)ペアは2回戦敗退。相手は、北海道科学大学高校の第三シードの強豪ペア。実力の差を見せつけられましたが、来週の団体戦へ向け課題がはっきりした大会となりました。前回の全道大会では、初戦敗退という悔しい結果でしたが、着実に力をつけているように感じます!

 十勝予選を2位で通過した、工藤(1年)・坂本(2年)ペアは、残念ながら初戦で敗退となりました。初戦の相手は、札幌北高校。雰囲気に飲まれたわけではないと思いますが、普段の自分たちの良さを出させてもらえないまま、3-4(ファイナル5-7)で敗れました。前回の全道大会では、強豪ペア相手に実力を発揮して勝利しましたが、これかの課題は「平常心」「いつも通り」になりそうです。

 稲冨(1年)・渡邉(2年)ペアは、3回戦まで勝ち進みベスト32という結果でした。初戦は釧路明輝高校のペア、2回戦はとわの森三愛高校のペアに勝利して勝ち上がりました。3回戦の相手は滝川高校。左利きのカットサーブにリズムを崩され、得意の展開に持って行くことができず、敗れてしまいました。しかし、全道大会でも関係なく普段通りの実力をだすことができたと思います。次も期待します!

 中野(2年)・森岡(1年)ペアは、2回戦敗退でした。男子の個人戦全道への挑戦が始まります。私が顧問になってから約4年。男子の高体連関係の全道大会は初めての経験でした。本人たちも高校生になり初めての全道大会を大いに楽しんでいたように感じます。初戦は、岩見沢緑陵高校に勝利。2回戦は、とわの森三愛高校のペアに敗れました。男子は、ようやく部員が増えはじめ人数も多くなり、他校に負けない実力がついてきたように感じます。次は、団体戦での全道を勝ち取ってくれると信じています!頑張りましょう!

 シングルスは、久保(1年男子)と工藤(1年女子)が挑戦しました。二人とも力及ばす、初戦で敗退となりました。ダブルスが中心のスポーツですが、一年に一度のシングルス全道に、一年生として出場できたことは貴重な経験となるでしょう。来年、もう一度リベンジしましょう!

 そして現地まで足を運び、応援してくださった保護者美皆さま、応援ありがとうございました!団体戦を間近に控えています。ここから一週間、チームとしてどこまで盛り上がれるが勝負です!来週も、大きな声援をよろしくお願いします!

2018年09月16日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部ブログが開設されました!

 こんにちは!ソフトテニス部顧問の大西です。大会結果報告だけでなく、日頃の部活動の様子や遠征中の報告など、様々な活動報告をブログ形式で更新していく予定です!部員と保護者の方々だけでなく、応援してくださるすべての方々に楽しんでいただけるような内容にしていきたいと考えています。毎日とはいきませんが、できるだけ更新していきます。ソフトテニス部の部活動紹介ページから見ることができますので、是非チェックしてください!

2018年08月28日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(新人戦)

 

日時:8月18日(土)~19日(日)
場所:帯広の森テニスコート

 高体連十勝支部ソフトテニス新人大会が開催されました。18日はダブルス、19日はシングルスが行われました。各校の新人チームでの白熱した対戦となりました。1ヶ月後の団体戦のシードを決めるための重要な戦いとなりました。

<ダブルス結果>

女子結果
・工藤(1年)坂本(2年)準優勝

・佐藤(2年)池田(2年)5位

・稲冨(1年)渡邉(2年)5位

・小町(2年)小原(1年)ベスト16

男子結果
・中野(2年)森岡(1年)3位

・村上(2年)佐藤(2年)ベスト16
・青木(1年)前多(1年)ベスト16
・鈴木(1年)河合(1年)ベスト16

 

<シングルス結果>

女子結果
・工藤(1年)5位

・渡邉(2年)ベスト16
・池田(2年)ベスト16
・小町(2年)ベスト16
・稲冨(1年)ベスト16

男子結果
・久保(1年)準優勝

・村上(2年)ベスト16
・森岡(1年)ベスト16
・河合(1年)ベスト16

 以上の結果により、女子はダブルス3ペア、シングルス1名。男子はダブルス1ペア、シングルス1名が、来月15日から苫小牧市で開催される全道大会への切符を手にしました。個人戦での結果ですが、彼らの活躍で団体戦のシードに入れることをチーム全体として感謝したいと思います。男子は、高体連関係では10年ぶりの全道進出となります。なかなか結果が出ず、苦しい思いをしているペアもおりますが、諦めず泥まみれになりながら努力を続けましょう!
 また、現地まで足を運び、応援してくださった保護者の皆様、応援ありがとうございました!団体戦を1ヶ月後に控えています。チームとしてまだまだ成長途中ではありますが、どこにも負けないチーム大谷を作っていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします!

2018年08月19日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(国体全道)

 

日時:8月10日(日)
場所:旭川市花咲運動公園テニスコート

 国民体育大会ソフトテニス競技北海道ブロック予選会 兼 北海道体育大会(少年の部:ダブルス)に、本校女子3ペアが十勝代表として参加してきました。全道中から予選を勝ち抜いた、中学三年生~高校生の計136ペアが旭川に集まり、国体北海道代表の座をかけてトーナメント戦を行いました。

 十勝予選を3位で通過した、佐藤(2年)・池田(2年)ペアは残念ながら初戦敗退。相手は、比布中のペア。中学生とは思えない実力の持ち主でした。ファイナルゲームまでもつれ込みましたが、力及ばず敗退しました。初の全道大会挑戦でしたが、新人戦も期待します!

 工藤(1年)・坂本(2年)ペアは、Cトーナメントのベスト8まで勝ち上がりました。1回戦は、とわの森三愛高校の三年生ペアに勝利。続く2回戦も函館大妻高校の三年生ペアに勝利しました。3回戦は、北見柏陽のペアに敗退しました。サーブとレシーブのレベルの差が出てしまった形となりました。

 稲冨(1年)・渡邉(2年)ペアは、Aトーナメントのベスト8まで勝ち上がりました。1回戦の相手が棄権し、不戦勝で通過。2回戦の相手は、第1シードのインターハイに出場した札幌大谷高校のペアでしたが、粘りのラリーで見事に勝利!続く3回戦、とわの森三愛高校のペアにも勝利。4回戦、標茶高校のペアにファイナルゲームのすえ敗れました。

 現地まで足を運び、応援してくださった保護者の皆様、応援ありがとうございました!新人戦を間近に控えています。やれることには限りがありますが、地道にコツコツ努力を重ねていきますので、応援よろしくお願いします!

2018年08月10日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(全道夏季大会)

日時:8月1日
場所:旭川市花咲テニスコート
大会名:第34回全道高校夏季ソフトテニス選手権大会

参加ペア:男子9ペア
     女子5ペア

<男子結果>
 久保・渡部ペア ベスト16

<女子結果>
 佐藤・池田ペア 第3位
 稲富・渡邉ペア 第5位
 工藤・坂本ペア ベスト16


・入賞した佐藤・池田ペア

2018年08月01日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(帯広研修大会)

 

日時:7月26~27日
場所:帯広の森テニスコート
大会名:第8回北海道高校生帯広研修大会

参加チーム:本校男子3チーム
      本校女子2チーム

 夏休みに入り、初日から大会でした。毎年、帯広で開催される研修大会。釧路、旭川地区はもちろん、北見、札幌、函館地区まで。遠方から多くの高校が参加する二日日程で行う団体戦の大会です。
 研修大会だけあって、時間の許す限り何試合でも対戦が可能なため、本当にたくさんのゲームを経験することができました。夏休み中にスキルアップするべき課題がハッキリと見つかったと思います。夏休みは遠征が多くありますが、新人戦までにやれることをやっていきましょう!

2018年07月27日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(国体支部予選)

 

日時:6月30日(日)
場所:帯広の森テニスコート
 学校によってはまだ3年生が出場していますが、本校は新チームでのチャレンジ。男子9ペア(内1ペアは他校ペア)、女子5ペアでの挑戦となりました。男女8ペアずつ全道大会に出場できます。
 男子の結果は、8ペアとも2回戦までに敗退となりました。男子は、女子よりも1.5倍のペア数(全60ペア)が参加。他校の3年生ペアがまだ多く出場しており、力の差を感じさせられた結果となってしまいましたが、新人戦で爆発してくれると信じています。
 女子は、本校を含め他校からも3年生の出場がなかったので、各校新チームの実力が現れた結果となりました。優勝こそ逃しましたが、工藤(1年)・坂本(2年)ペア、佐藤(2年)・池田(2年)ペアが準決勝まで勝ち上がり第3位。稲冨(1年)・渡邉(2年)ペアが準々決勝まで勝ち進み第5位となり、以上3ペアが、来月旭川で行われる全道大会への切符を手にしました。学校祭を控え、悪天候も続いていますが、地道にコツコツ努力を重ねていきますので応援よろしくお願いします。

2018年06月30日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(高体連全道)

 

日時:6月5日(火)~8日(金)
場所:北見市東陵運動公園テニスコート

 第69回北海道高等学校選手権大会が開催され、本校ソフトテニス部からは、個人戦で女子2ペアが参加しました。結果は、2ペアとも2回戦敗退。引退をかけた3年生が多い中、本校のペアはどちらも1、2年生。敗退はしたものの、予選で悔し涙を流した3年生の分まで、思い切り楽しんでくれたと思います。4名とも「来年こそは団体戦優勝をして全員で全道に来たい!」という気持ちが強くなったと思います。遠くから応援にかけつけてくれた保護者の皆様、応援や差し入れなど、本当に力になりました。帰ってからは新チーム体制となり、ゼロからのスタートとなりますが、どうか応援よろしくお願いいたします。
 他校の十勝勢の結果ですが、個人戦では帯広緑陽の3年生ペアがインターハイこそは逃したものの、ベスト16まで勝ち進み健闘しました。団体戦では、男子は帯広農業高校、女子は帯広緑陽高校がベスト4まで勝ち進み、見事に十勝勢の力を見せてくれました。この結果で、次の新人戦全道の団体戦シード枠は十勝の枠となりました。両校には、十勝全体で感謝をしなくてはいけません。新チームで挑む新人戦では、気持ちを一つに「男女ともに団体戦で全道」を目標に頑張っていきたいと思います!

2018年06月11日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(高体連)

 

日時:5月24日(木)・25日(金)
場所:帯広の森テニスコート

 3年生にとっては最後の高体連、24日は個人戦、25日は団体戦という日程で行われました。本校からは個人戦で男子8ペア、女子7ペアでの挑戦となりました。個人戦は、女子は10ペア、男子は8ペアまでが全道大会への切符を手にすることができます。団体戦は、男女それぞれ2校ずつが全道大会へ進出できます。
 まずは、女子個人戦。朝から異様な緊張感が漂い、波乱が起こりそうな予感がしていました。良い意味での波乱であれば良かったのですが、予感が的中してシード選手が序盤から次々に敗退。本校の3年生も全員がベスト8に残れず敗退することになってしまいました。可能性があっただけにとても悔しい結果となりました。しかし、1・2年生が活躍してくれました。工藤(1年)・坂本(2年)ペア、稲冨(1年)・渡邉(2年)ペアがベスト8まで勝ち進み、全道大会への切符を手にしました。佐藤(2年)・池田(2年)ペアは、決定戦で惜しくも敗退。悔し涙を流しましたが、次に繋がるとても良い内容の試合でした。
 そして、男子個人戦。中野(2年)・森岡(1年)ペア、久保(1年)・前多(1年)ペアが全道権をかけた8本決めまで駒を進めましたが、惜しくも敗退。3年生がいない男子は、新チームも変わらず今のメンバーで行くことができます。着実に経験値を積み、力をつけているはずです。これからの結果に期待していてください!
 翌日に行われた団体戦。女子は、個人戦で悔しい思いをした3年生女子を中心としたメンバー構成。男子は1・2年生のみのチーム構成。男女ともに、今まで練習してきた全てをかけて挑みました。
 女子の予選リーグは、帯広南商業に僅差で敗れ、2位で通過。決勝トーナメントに進みました。トーナメント1回戦、芽室高校に競り勝ち準決勝へ進出。準決勝の相手は、優勝候補の帯広緑陽高校。勝てば全道権を獲得できる大事な戦いでした。1番手の久保田(3年)・坂本(2年)が2-4で負け、2番手の野平(3年)・西守(3年)が4-3で勝利。3番勝負の、工藤(1年)・鈴木(3年)が勝てば勝利という緊張感ある戦いでした。どちらが勝ってもおかしくない大接戦となり、ファイナルゲームまでもつれこみましたが、残念ながら結果は敗退。三年生は全員、この大会で引退となってしまいました。
 男子は予選リーグ、同じリーグにシードが2校入っている激戦区。シードを一つでも倒せば決勝トーナメントへの可能性があったのですが、惜しくも敗退。悔しい思いは新人戦へぶつけてくれると思います。
 応援にかけつけてくれた友人の皆さん、保護者の方々、本当にありがとうございました! 

 

2018年05月25日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(加盟団体)

 

 5月13日(日)帯広の森テニスコートにて、平成30年度全十勝春季加盟団体大会が開催され、本校ソフトテニス部からは、男女それぞれ2チーム、合計4チームで参加してきました。
 小学生から一般の強豪チームまで、多くの加盟団体が参加する大会。高体連の団体戦のイメージで選手達もかなり気持ちが入った顔をしていました。昨年度は女子が優勝することができたので、開会式では優勝カップの返還がありました。必ず取り戻すと誓い予選リーグに挑みました。
 結果は、女子がAチームが予選1位通過(2勝0敗)、決勝トーナメントでは準決勝でタケシマスポーツに敗れ第三位。女子Bチームは予選敗退。男子はA・Bチームともに予選で敗退となりました。
 男子については、A・Bチームともに一般の強豪チームに苦戦しました。負けはしましたが全員が本気で戦っていました。3年生のいない1・2年生のチームですが、高体連がとても楽しみです!
 女子については、Bチームは予選で敗退してしまいましたが、Aチームは予選を1位で通過し、優勝こそは逃しましたが一般の強豪チームと互角の戦いを繰り広げていましまた。こちらも高体連がとても楽しみです!二日間の連戦で疲労感を隠せませんが、高体連まで最高の準備をしていきたいと思います!応援よろしくお願いいたします! 

 

2018年05月13日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(選手権)

 

 5月12日(土)帯広の森テニスコートにて、平成30年度全十勝高等学校ソフトテニス選手権大会が開催され、本校ソフトテニス部からは、男子8ペア、女子7ペアで参加してきました。
 高体連のシード決めにかかわる大事な大会。ベスト16以上に残ればポイントが入る大会となっていますが、部員達は楽しみながらもとても緊張しているようでした。結果は、男子がベスト16に二年の村上(幕別)・一年の前多(音更)。そして、女子は三年の久保田(芽室西)・鈴木(更別中央)が第2シードの強豪を倒し3位入賞。一年の工藤(翔陽)・二年の坂本(上士幌)が第5シードを倒し5位入賞。2年の小町(帯広第一)・三年の尾崎(音更)がベスト16まで勝ち上がりました。
 男子については、初心者の川島(帯広第五)が公式戦デビュー。初心者スタートでも「全道・全国」が可能なスポーツです。勝つことはできませんでしたが、これからの成長がとても楽しみです。
 女子については、三年の久保田・鈴木が久しぶりの3位入賞。高体連まであと少し、チームの中心として力を発揮してくれました。明日は一般の大会ですが「団体戦」、チーム一丸となり大きな声で応援しましょう!

 

2018年05月12日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(ミズノ杯)

 

 GW中の5月4日~6日の2泊3日のスケジュールで旭川遠征に行ってきました。4日(金)は深川市の宿泊施設へ移動し、悪天候ではありましたが施設のコートをお借りし、男女に分かれ練習をしました。
 5日(土)は、ミズノ杯男子の部に7ペアが参加。予選なしの全道規模の大会のため、旭川の高校生を中心に227ペアが参加。朝の公開練習から雨と風に苦しみました。新しいペアでの挑戦もあり、男子は二回戦が最高成績でしたが、喜ばしいことで言えば、高校からソフトテニスをはじめた二年の梅村(西陵)・近藤(西陵)のペアが、公式戦で初めて勝利したことです。雨と風、寒さを言い訳にせず高体連へ向け、帯広へ帰り練習に励みたいと思います。女子は、旭川東高校との練習試合を予定していましたが、悪天候のため見送りとなり当麻町のコートをお借りし、課題練習に励みました。
 6日(日)は、ミズノ杯女子の部に6ペアが参加。男子よりは少ない人数での参加とはいえ177ペアが参加。昨日の悪天候が嘘のように朝から太陽が出て、気持ちの良いスタートとなりました。結果は、一年の工藤(翔陽)・三年の鈴木(更別中央)ペア、一年の稲冨(翔陽)・二年の渡邉(芽室)が4回戦まで駒を進めベスト32まで進むことができました。
 全道から、多くの強豪校が参加し、全道大会を想定した良い経験ができました。各ペアの課題がはっきり見えた大会でもあったので、帯広へ帰りまた練習を積んでいきたいと思います!高体連まであとわずか!男女共に、応援よろしくおねがいします!!

 

2018年05月06日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部

ソフトテニス部大会結果(春季大会)

 

 4月29日(日)帯広の森テニスコートで、平成30年度全十勝高等学校ソフトテニス春季大会が開催され、本校ソフトテニス部からは、男子7ペア、女子7ペアで参加してきました。
 新一年生をチームに加え、新年度最初のオムニコートでの大会。部員達がとても楽しみにしていた大会でしたが、結果は、男子が第三位に二年の村上(幕別)・佐藤(帯広第八)ペアが入賞。そして、女子が三年の久保田(芽室西)・鈴木(更別中央)ペアと、二年の佐藤(広尾)・池田(芽室)ペアが第5位に入賞することができました。
 男子については、ここ数年、ベスト8以上に残ることができていなかったので、とても嬉しいニュースとなりました。これからの夏の大会がとても楽しみです!
 女子については、2年の佐藤・池田ペアが初めて入賞することができました。これからが楽しみです!GWは旭川遠征、帰ってきてすぐの選手権を控え、高体連へ向け練習に励んでいきますので、応援よろしくおねがいします!

 

2018年04月29日部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部