ご挨拶

 本校は、親鸞聖人ご生誕七百五十年に当たる1923(大正12)年、「念仏のみ教え」を建学の精神として創立され、以来、前身である高等女学校の歴史を加え、女子教育一筋に70年の歴史を経て、1993(平成5)年、男女共学へ移行し、2023年、学校創立100周年を迎えることとなります。 本校は、仏教精神にもとづく人間教育を深める「建学の精神」を教育理念に、変容する社会の要請に応える新しい教育内容の提供を、常に目指しています。 学習面では充実したカリキュラムと放課後の活用方法を、生徒一人ひとりの、コースや学年での目標に応じた、志望進路実現のための支援体制を確立しています。 さらに、グローバル社会への対応に向け、第2学年では「国際体験学習」を実施し「異文化理解」の学習をとおして「いのちと平和」の大切さを学びます。 自ら進んで学習に取り組む一方、放課後には部活動で思う存分個性を発揮し、充実した高校生活を送ってください。そして活力が強く求められている今の時代に、本校卒業生が元気の源になってくれるよう願っています。 帯広大谷高等学校は、将来の目標に向かってチャレンジする生徒を全力で応援します。
帯広大谷高等学校

校長 大西 正宏