新型コロナウイルス感染症対策の強化について

 北海道知事と札幌市長は、5月2日過去最多の感染者数246人となった札幌市の状況を踏まえて、今週中にもまん延防止等重点措置の適用を国に要請する考えを示しました(5月2日北海道の感染者は324人)。
 本校といたしましては、感染防止対策を行っているところですが、生徒・保護者の皆様および教職員に対しまして、引き続き感染防止について高い意識を持っていただきたく、5月6日~6月6日までの1カ月間を対策強化期間とすることにいたしました。対策内容は、次のとおりです(これまでと大きく変わるところはございません)。
 今後とも保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

1 一般(保護者・卒業生含)の方の本校敷地内への立ち入りをお断りしております。ただし、保護者の皆様からの教育相談、大学等進路関係者・指定業者の皆様などお約束をされた方、校長が認めた外部指導者等は除きます。

2 本校における部活動の練習試合等の対象は、原則十勝管内の小中高生としております。ただし、練習試合相手校の2週間の行動歴に、感染拡大地域の学校との交流・往来があり、感染対策が不十分であると判断した場合には、練習試合をお断りいたします。

3 対策強化期間は5月6日~6月6日までの1カ月間といたしますが、状況によっては延長する場合もございます。なお、北海道の感染者の減少が顕著に見られた場合は、制限を解除いたします。

2021年05月03日