ソフトテニス部大会結果(選手権)

 

 5月12日(土)帯広の森テニスコートにて、平成30年度全十勝高等学校ソフトテニス選手権大会が開催され、本校ソフトテニス部からは、男子8ペア、女子7ペアで参加してきました。
 高体連のシード決めにかかわる大事な大会。ベスト16以上に残ればポイントが入る大会となっていますが、部員達は楽しみながらもとても緊張しているようでした。結果は、男子がベスト16に二年の村上(幕別)・一年の前多(音更)。そして、女子は三年の久保田(芽室西)・鈴木(更別中央)が第2シードの強豪を倒し3位入賞。一年の工藤(翔陽)・二年の坂本(上士幌)が第5シードを倒し5位入賞。2年の小町(帯広第一)・三年の尾崎(音更)がベスト16まで勝ち上がりました。
 男子については、初心者の川島(帯広第五)が公式戦デビュー。初心者スタートでも「全道・全国」が可能なスポーツです。勝つことはできませんでしたが、これからの成長がとても楽しみです。
 女子については、三年の久保田・鈴木が久しぶりの3位入賞。高体連まであと少し、チームの中心として力を発揮してくれました。明日は一般の大会ですが「団体戦」、チーム一丸となり大きな声で応援しましょう!

 

2018年05月12日|部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部