バドミントン部活動報告(エアルファースト)

足形・足裏にかかる圧力を測定」

日時:2018年4月9日(月)16:30~18:50
「エアルファースト」から秋山さんが来校し、選手の足形や足裏にかかる圧力を測定して頂きました。選手によっては、左右の足にかかる体重のバランスが悪く、足裏全体にバランスよく体重がかかっていない等の状況が見られました。また、シューズを選ぶ際になんとなくシューズの大きさを決めている選手が大半でしたが、足形を厳密にとって頂き、次からのシューズ選びの参考となるデータを取って頂きました。このデータをもとに希望する選手には、パフォーマンスの向上が望めるインソールを作成することとなります。試供品のインソールを付けた状態で力をいれる動作をすると、試供品のインソールを付ける前と後では明らかに能力が向上しておりました。改めて、シューズやインソール等、道具1つ1つの大切さを理解できたと思います。

2018年04月09日|部活動ニュースのカテゴリー:バドミントン部