ソフトテニス部大会結果(国体全道)

 

日時:8月10日(日)
場所:旭川市花咲運動公園テニスコート

 国民体育大会ソフトテニス競技北海道ブロック予選会 兼 北海道体育大会(少年の部:ダブルス)に、本校女子3ペアが十勝代表として参加してきました。全道中から予選を勝ち抜いた、中学三年生~高校生の計136ペアが旭川に集まり、国体北海道代表の座をかけてトーナメント戦を行いました。

 十勝予選を3位で通過した、佐藤(2年)・池田(2年)ペアは残念ながら初戦敗退。相手は、比布中のペア。中学生とは思えない実力の持ち主でした。ファイナルゲームまでもつれ込みましたが、力及ばず敗退しました。初の全道大会挑戦でしたが、新人戦も期待します!

 工藤(1年)・坂本(2年)ペアは、Cトーナメントのベスト8まで勝ち上がりました。1回戦は、とわの森三愛高校の三年生ペアに勝利。続く2回戦も函館大妻高校の三年生ペアに勝利しました。3回戦は、北見柏陽のペアに敗退しました。サーブとレシーブのレベルの差が出てしまった形となりました。

 稲冨(1年)・渡邉(2年)ペアは、Aトーナメントのベスト8まで勝ち上がりました。1回戦の相手が棄権し、不戦勝で通過。2回戦の相手は、第1シードのインターハイに出場した札幌大谷高校のペアでしたが、粘りのラリーで見事に勝利!続く3回戦、とわの森三愛高校のペアにも勝利。4回戦、標茶高校のペアにファイナルゲームのすえ敗れました。

 現地まで足を運び、応援してくださった保護者の皆様、応援ありがとうございました!新人戦を間近に控えています。やれることには限りがありますが、地道にコツコツ努力を重ねていきますので、応援よろしくお願いします!

2018年08月10日|部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部