バドミントン部活動報告(全国選抜直前遠征)

全国選抜直前遠征1日目

月日:3月21日
場所:龍谷大学(京都府)
参加者:引率者1名・選手2名
内容:2016年度・2017年度とインカレ準優勝チームの龍谷大学バドミントン部の練習に参加させて頂き、ゲーム練習を行いました。結果は1勝2敗でした。特に、サーブとサーブレシーブの質が高く、その2球で試合の主導権を全て持っていかれました。改めてサーブとサーブレシーブの重要性を学ぶ1日となりました。また、本校選手2名は質の高いラリーを行うことにより、精神的な持久力の無さを感じ、2試合目、3試合目には集中力が切れる場面が見受けられました。バドミントンはメンタル的なスポーツだということも改めて気づかされた一日でした。それにしても、画像からも見てわかるように素晴らしい環境(トレーナー付きジム・専用体育館)で大学生は練習していました。

 

全国選抜直前遠征2日目
月日:3月22日
場所:龍谷大学(京都府)
参加者:引率者1名・選手2名
内容:2日目は自分たちの試合もしたのですが、練習の最後に行われたトレーニングを見学することができました。自重トレーニングや器具を使わないトレーニングを中心に大学生は積極的に練習を行っていました。自校に戻って取り入れたトレーニングを沢山行っていました。

 

全国選抜直前遠征3・4日目
月日:3月23・24
場所:龍谷大学(京都府)
参加者:引率者1名・選手2名
内容:3・4日目は練習前後に社会見学として京都、日本の歴史を学ぶために歴史的価値の高い建造物を見学する時間がとれました。金閣寺、銀閣寺、清水寺、伏見稲荷神社などを見ることができました。

全国選抜直前遠征5日目
月日:3月25日
場所:龍谷大学(京都府)
参加者:引率者1名・選手2名
内容:大会直前遠征最終日となり、大学生が私たちの移動の時間も考え、練習時間前に集合して頂き、試合をして頂きました。今回、龍谷大学の学生の素晴らしさを感じました。キャプテンを始め、コーチ監督が不在でも真摯に高校生と試合をしてくれ、誠実な対応、最後にはきめ細やかなアドバイスも頂きました。このような選手を私どもも育てていかなければいけないと強く感じた5日間でした。


2018年03月21日|部活動ニュースのカテゴリー:バドミントン部