ソフトテニス部大会結果(高体連全道)

 

日時:6月5日(火)~8日(金)
場所:北見市東陵運動公園テニスコート

 第69回北海道高等学校選手権大会が開催され、本校ソフトテニス部からは、個人戦で女子2ペアが参加しました。結果は、2ペアとも2回戦敗退。引退をかけた3年生が多い中、本校のペアはどちらも1、2年生。敗退はしたものの、予選で悔し涙を流した3年生の分まで、思い切り楽しんでくれたと思います。4名とも「来年こそは団体戦優勝をして全員で全道に来たい!」という気持ちが強くなったと思います。遠くから応援にかけつけてくれた保護者の皆様、応援や差し入れなど、本当に力になりました。帰ってからは新チーム体制となり、ゼロからのスタートとなりますが、どうか応援よろしくお願いいたします。
 他校の十勝勢の結果ですが、個人戦では帯広緑陽の3年生ペアがインターハイこそは逃したものの、ベスト16まで勝ち進み健闘しました。団体戦では、男子は帯広農業高校、女子は帯広緑陽高校がベスト4まで勝ち進み、見事に十勝勢の力を見せてくれました。この結果で、次の新人戦全道の団体戦シード枠は十勝の枠となりました。両校には、十勝全体で感謝をしなくてはいけません。新チームで挑む新人戦では、気持ちを一つに「男女ともに団体戦で全道」を目標に頑張っていきたいと思います!

2018年06月11日|部活動ニュースのカテゴリー:ソフトテニス部